どうせ取るならAFPを目指そう!

(FP資格に関する基礎講座)

ファイナンシャルプランナーの資格を取得しようとリサーチしたことのある方は、この資格の複雑な仕組みに少し驚いた経験があるかもしれませんね。
ファイナンシャルプランナーの資格は、もともと1987年に日本FP協会が認定する民間資格として誕生し、2002年から国家資格となった経緯があるので少し複雑になってしまったようです。
現在は試験を行う機関が2つあり、資格も国家資格である1~3級FP技能士と民間資格であるAFP、CFPが並立しているという点がちょっと分かりにくいかもしれませんね。
そこで、少しでも分かりやすいよう簡単にまとめてみましたので、初心者はまず資格の仕組みから学んでみてください。

●国家資格 (FP技能士)

厚生労働省が管轄する国家資格。検定を受けられる指定機関は『日本FP協会』と『『金融財政事情研究会』のふたつ。

日本FP協会は1級・2級、金融財政事情研究会(きんざい)は1級・2級・3級が受検できる。

●民間資格 (AFP・CFP)

日本FP協会が認定している資格で、中級レベルの「AFP」と、上級レベルの「CFP」とがある。AFPは国内独自のライセンスだが、CFPは世界標準の国際ライセンス。

上記の資格の中でも、金融系企業などで一般的に通用している資格はAFP資格であると言われています。さらに上を目指したい人は国際ライセンスであるCFPを狙いたいところですが、CFPを受検するためにはAFP資格が必須となっているのです。
家計のためや趣味でFPを取得したいという人は3級FP技能士から徐々にステップアップする方法もありますが、FP資格を仕事に活かしたいと考えている人は、AFPの取得を目標にすることをおすすめします。



(C) 無謀な主婦がファイナルプランナーに挑戦! All Right Reserved.